post

木村カエラのバタフライのBGMに乗せたゼクシィのCM。まさしくこれが、<婚活>に求める真実の愛のイメージだ。
よく言われる未婚晩婚化への打開案のごとく、立ち上がった昨今の婚活ブーム。
男女の仲を取り持つ結婚相談所や今話題の相席屋は、<結婚クライシス>とも叫ばれる社会に対し有効なツールとなり得るのか。結婚に対して抱くイメージをタイプ別に分けて、紐解く。

<高級志向、実利タイプ>の婚活相談所

結婚相談所は、業界最大手の楽天オーネット、ツヴァイを筆頭に、全国で約4000社あると言われている。また、一般にサービス毎に3つのタイプがあるとされ、「仲人・結婚相談室型サービス」、「データマッチングサービス」、「インターネット型サービス」に分けられる。先に挙げた業界最大手は、婚活ブーム以前に設立し、独自のデータマッチングシステムを持っている。ブームによって立ち上げた新興結婚相談所は、アラサー女子向き、医者や弁護士などハイクラス会員向き、スペックに依らない相手選びなど、各社異なるキャッチコピーを打ち出して、それぞれのカラーを売りにしているようであるが、実態は3種のサービスを混合させ、また「インターネット型サービス」に際しては、業界最大手の結婚サイトIBJの加盟店となることで、より多くの異性を紹介し、会員を誘発している傾向が見られる。
また、「仲人・結婚相談室型サービス」は、人の斡旋によって取り行われる安心感があるが、多くの場合、会員数が限られている。相談所の「カウンセラー」が、実際に本人と対面するのはほぼ1回。そのため、現在の主流サービスは、利用者が希望条件が検索でき、多くの会員数に依拠したインターネット型であると言える。

結婚相談所の優れた点は、徹底的に個人情報を厳守するといったところ。会員データには、氏名を除いた、写真またはビデオの他に、年収、学歴、職業、家族構成などが記載される。お見合い
決定時に相手の苗字、交際に発展した時に初めて相手のフルネームを知ることになる。
互いに気に入った相手との交際にも期間が設けられるので、その間はカウンセラーが行方を見守り、男女の揉め事を防止する安全なところもある。
但し、高額な月額料金を年単位で支払い、見合い時に、逐一金がかかる場合がある。交際期間を過ぎると成婚とし、更に費用を支払う。

出会い重視!<現実主義>の無料結婚サイト

エクシオ、エキサイト、マイナビなど登録料不要の無料結婚サイトがある。頻繁に婚活パーティー
が開かれ、パーティーのコンセプトも、年齢や、趣味・嗜好品によって限定するなど多岐に渡る。一時代前に流行した<街コン>なども、このカテゴリーだ。
利用者は、会員費が無料で、手軽にwebサイトから予約ができ、キャンセルも可能。見合いの場となるパーティー費用だけを支払う。主催者は、免許証での本人確認や各種証明書などの提示を求めることもあるが、参加者に漏れることはないので、個人情報の取り扱いもしっかり為されていると言える。
但し、簡単な自己PRを記載することはあるものの、自分を証明するものが、相手との会話でのほぼトークのみとなっており、時間制限もあるので、引っ込み思案やあがり症には不向きである可能性がある。
また席替え式では、始終着席状態で、相手の身長や体重などの全体像がよく見えない。形式ばった貴族のような優雅さを場合によって感じなくもないが、やや事務的で不完全燃焼な嫌いも。
自己PR上の情報は、詐称や<盛る>ことも可能である。

しかし、「好きかキライか」を直感的に判断させる、相手が持っている雰囲気というのは、実際に会うまで分からない。そう言った意味で、いくらオンラインのデータ上で得た相手の知識があっても、初めて会う同士の対面の場の条件は、結婚相談所と大差がない。月額費をわざわざ支払わず、活動したい時に実施できる結婚サイトは、コスパが良いと言えそう。
この婚活サイトの利点を生かし、最近では、月額費のかからない相談所もあるほどだ。

まずは恋人探し☆ <ロマン派>の相席屋、相席カフェ

最近の大人気な婚活の場として、相席屋や婚活カフェなどがある。
この種の場は、あくまで<飲食>がメインで、店員は来客にセルフサービスを求める代わりに、初対面の双方間を取り持ち、盛り上げ役を講じたりする。話し下手な者への対応として、ゲームなどが準備されている。個人情報の保護や、相席した後どうするかは本人達次第である。
カジュアルで友達関係が作りやすい。但し、入店の際は相手が選べず、基本的にチェンジ制ではない。女性は無料で飲み食いができる場合が殆どであるが、男性はそれなりの料金を支払う。
同じ時間、同じ場所に偶然居合わせた異性との出会いは、とてもロマンチックであるが、真剣な相手探しの場であるかというと、準備や計画性が薄いことから、先に述べた結婚相談所や結婚サイトの場合とは程遠い。

まとめ

いずれの場合も、婚活での出会いには資金と場所が不可欠である。婚活で仕掛けた場所というのは、自分や相手の行動が根付いたいつもの生活圏ではない。コンテンポラリーなシチュエーションなる故、相手の人間性の見極めとなると非常に難しい。
いくら私は人柄重視と思っても、相手に生活力がなく借金だらけではイタイ。
結婚相手は、一生一緒に経済を取り持っていく相手になる故、他者との関わり方を含め、より全体像が見えやすい方法で見つけるのが良い。
また、婚活事業というのは、国や地方自治体から助成金を受給できるものであるため、婚活のニーズが世論ではなく、ビジネスから生み出されている可能性も留意すべき点であろう。
婚活とは謳っているが、あくまで従来の出会い系と大差ないことを肝に銘じておくべきである。