post

ガソリンスタンドにはフルサービススタンドとセルフスタンドの2種類があります。給油•洗車•商品とサービスの販売•点検•整備を行うフルサービススタンドに対して、セルフスタンドではスタンド内での誘導やモニターでの監視などが中心です。
どちらにもメリットとデメリットがあります。今回はこの2つのスタンドのメリットとデメリットを紹介します。

フルサービススタンドのメリット

フルサービススタンドのメリットで真っ先に挙げられるのは、時給の高さです。セルフサービススタンドと比べてももちろん、他のアルバイトと比べても少し高い傾向にあります。都心であれば、最大時給はおよそ1400円。さらには夜の10時から朝の5時までは深夜換算になるので、時給が25%アップします。

フルサービススタンドのデメリット

一方、フルサービススタンドのデメリットといえば忙しさや業務量の多さが挙げられます。やることも覚えることも多いため、始めたばかりの頃は大変だったという経験者は少なくありません。また、灰皿の交換や清掃も行うので、たばこの匂いが嫌だという人には苦痛でしょう。

セルフサービススタンドのメリット

セルフサービススタンドはフルサービススタンドと比べてのんびりできる傾向があります。また、時給はフルサービススタンドと比べると見劣りしますが、それでも最大時給は都心ならば1200円程度と、やはり高時給です。忙しいのは嫌だだけどそこそこ稼ぎたいという人にはおススメです。

セルフサービススタンドのデメリット

フルサービススタンドと比べてのんびりできると先述しましたが、じつは業務量は各セルフスタンドごとにバラバラであるということを覚えておきましょう。スタンドによっては、セルフだけどオイル交換やバッテリー交換もするという店舗もあるのです。面接時にはそれらの確認もしっかりしないと、いざ始めたら考えていたものと全然違うということもありえます。

両スタンド共通のメリット

続いてフルサービススタンドとセルフスタンドのどちらにも言えるメリットをご紹介します。まず挙げられるのは従業員割引で安く給油できるということです。車を自分で運転しているという方には嬉しい特典と言えます。
この他にも実務経験を積めて就活に役立てることができたり、バイトから社員に昇格することができるのもメリットと言えるでしょう。

両スタンド共通のメリット

しかし、ガソリンスタンドのアルバイトは基本的に肉体労働なので、体力が必要であるということを忘れてはいけません。洗車などではかなり身体を使うので、必然的に体力がない人は仕事についていけません。また、夏は暑く冬は寒いという厳しい環境下で働くことになります。とくに真冬の洗車は指がかじかんでしまうことも。これらのこともしっかりと覚えておきましょう。