post

どこのバイト先もあるわけではありませんが、よくあるのが、最初の一ヶ月は時給が低く抑えられていたり、研修期間だから一人前の働きじゃないからというのもわからなくはないですが、バイト初日でがっつり他の人と同様にバリバリ働いていたり、そもそも覚えることもないのに、研修期間で意味わからないとか、異論反論オブジェクションと思います。この研修期間も多いとこでは半年とかがあったりして、もうこれ半年で辞めるなら、ただ時給低く働くだけだし、低くしたいっていうバイト先の口実じゃんて思うだけかもしれません。これじゃまるでアジア人研修生という名目でずっと低賃金で働かせてる日本の悪徳工場企業と一緒じゃんと思いたくなります。当然ですよね、彼らも安い物価の地域の出身ですが、日本の高い物価で暮らしています。一時的な滞在で出稼ぎという目標があるのならいいのですが、そうじゃなくて単純に日本に暮らして日本で働いているのに試用期間ってどういうことっていう話ですよね。これはよくあることなんでしょうか。

時給低いのはいいけど何の説明もない

百歩譲って時給が低いのは良しとして、会社側から特に試用期間の話もなく、初めのうちだけだからねと言われてズルズル何ヶ月もしてそのまま、アルバイトという立場だとなかなか金のことを言うと角が立ちますし、あまりにがめついと嫌がられて首を着られるというケースも出てきます。この説明がないというのがミソで、企業によりケースが違います。例えば、チェーン店で時給は低く、休憩時間もカッツリ引かれているけど、働いた分だけはきっちり支給される。もう一つは少し給料面ではいいけど、休憩時間の規定もないし、なんだったら少し休憩時間も少なくしないといけない割にきっちり1時間分は引かれる、タイムカードもないから時間計算が曖昧で、担当者が覚えているどうかもわからない。この二つのタイプの会社ならあなたはどちらを選びますか?前者の場合は、きっちり決められているけど条件は厳しい。後者はゆるい割に給与計算が曖昧、働いた分が還元されているかどうかもわからない。
はっきり言って、働いた時給分が計算されていないかもしれないという状態で働く後者の方がなんかモヤモヤしますし、胸糞悪いというのが正直なところじゃないでしょうか?
条件ははっきり主張するところはしないといけませんね。